こんにちは!REIです。
本日も映画感想を書いていきたいと思います。
今回は「紀元前一万年」について書いていきます。

こちらは、2008年にアメリカで公開されたアドベンチャーアクション映画となっています。私の知っている人はいなかったので主演紹介は省略します。

紀元前一万年。狩猟民族の村に暮らす青年の恋人がさらわれてしまいます。勇敢な彼は戦士たちを率いて、恋人奪還の旅に出ます。
そこには見たことのない獰猛な猛獣や、未知なる文明が彼らを待ち受けています。
果たして無事、奪還することは出来るのか…といった内容です。

とりあえず、最後までは観ましたが個人的には微妙な感じでした…
思わず早送りで観てしまいました(笑)
エメリッヒさん(監督)ごめんね(´・ω・`)

という事で以上、感想でした。
ではまた~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。